蜂の駆除を行なって危険を回避しよう|身の安全を確保

安全に蜂を駆除

ウーマン

自宅などに蜂の巣があった場合、まず確認すべきは蜂の種類です。比較的おとなしい蜂であれば、自分で退治することも可能です。そのときにまず必要なものは、防護服、ヘルメット、ゴーグルです。防護服は高価なので、役所でレンタルすることをおすすめします。小型の蜂でも毒性の強いものもいるため、必ず着用して退治するようにしましょう。また、頭も保護しなければいけないので帽子やヘルメットを着用します。あとは、意外に忘れてしまうのが目の保護です。スキーなどで使用するゴーグルを準備すると良いでしょう。これで防護関係は完了です。次に、殺虫剤と長い棒を用意しますが、殺虫剤は蜂用でなくても構いません。その殺虫剤を長い棒の先端に取り付けます。長い棒は遠くから噴射させるためのものなので、物干し竿などで代用すると良いでしょう。最後に、蜂の巣を回収するためのゴミ袋が複数枚あれば準備は万端です。この時、蜂が刺して穴を開けてしまわないように、袋は分厚いものを選ぶか、何枚か重ねて使うようにしましょう。

防護服などを身につけたら、遠距離から殺虫剤を噴射します。このときに、できるだけ巣の入口のところに集中的に噴射します。殺虫剤は棒につけたあと押した状態にして固定します。そうすると指で押さなくても連続噴射が可能になります。また、駆除する時間帯としては蜂の活動が鈍くなる夜がおすすめです。殺虫剤を巣に噴射すると、蜂が中から飛び出してくることがありますが、このときに大きな動作でリアクションしないようにしましょう。蜂が興奮して、動いているものを襲ってくる場合があります。それから、あまりにも多くの蜂が飛び回るようだと、無理せずに日をあらためて退治することをおすすめします。また、スズメバチなどの攻撃性が強い蜂は、自分では駆除せずに行政や業者に依頼して退治する方が、確実で安全です。

フンによる健康被害に注意

白蟻被害

鳩のフンは汚れるので非常に迷惑です。それだけでなくフンに細菌が繁殖するので健康にも良くないのです。子どもにアレルギーが発症することもあります。鳩がきたらとにかく撃退することが大切です。鳩は常に安全な場所を探しているので、危険だと思わせることです。効果的な対策はベランダに防鳥ネットを張りましょう。

More...

ハトの被害を防ぐ

住宅

鳩は、見た目の可愛さとは裏腹に、人間の生活を脅かす存在にもなりかねません。畑や住宅に鳩が棲みつくようになってしまうと、フンによる悪臭や農作物への被害が懸念されるので、早めに駆除するための対策を行いましょう。

More...

いち早く対応すること

一軒家

鳩対策はいろいろありますが、効果があるものを選ぶ必要があります。駆除なども行うのであれば、業者に相談してみるとよいです。鳩を見かけたら、早めに対策しなければいけません。同じ場所を利用することが多いので、対策しなければ糞などの被害が増える可能性があります。

More...