蜂の駆除を行なって危険を回避しよう|身の安全を確保

ハトの被害を防ぐ

住宅

ハトの特徴

鳩は鳥類であり、歩くときに首を振るのが特徴だということはみなさん知っておられると思います。そんな鳩は、植物の種子が主に主食ですが、ミミズなどを食べる時もあります。しかしそんな鳩に被害を受けた方も多いのです。フンによる悪臭や建築物を汚損したり、泣き声による騒音、農作物への被害など様々あります。被害を防ぐためには、エサを与えないことが大切だと思います。鳩を見ればエサを与えたくなりますが、栄養状態が良ければ1年中繁殖してしまいます。また、巣作りしやすい環境を与えないことが大切です。自分の死角となる場所を徹底的に確認し、常に清潔な状態を維持することが重要だと思います。鳩の被害を防ぐには色々と工夫する必要があります。

侵入を防ぐには

鳩の被害を受けた方なら、対策を考えたり、退治、駆除を考える方も多いと思います。まず、鳩は鳥獣保護法で保護されているので、捕獲や巣の撤去には都道府県知事の許可が必要になります。そのため、対策としては侵入を防いだりすることが大切になってくるでしょう。鳩は、帰巣本能があるため、あらゆる対策をしても侵入を試みるため、対策には工夫することが重要です。まず、侵入防止用のネットで遮断することが駆除への第一歩です。これは、あらゆる場面で効果を発揮します。また、鳩がよく止まる場所に鳩除けのマットを置くことです。そして、強力な磁気を放つものをぶらさげることも効果的です。対策は、一つではなく複数合わせることでより効果が高い侵入防止策になると思います。